Japan

あなたの位置::中国软件和信息服务业网 > Japan > the Details>

楊学山氏、杭州市中国ソフトウェア名城建設テスト作業の会議に出

2015-07-01 15:12 Author:cssoadmin [ の中で 小さい]
1月10日、杭州市中国ソフトウェア名城建設テスト作業会議が杭州に開かれた。中国工業と情報化部の楊学山副部長、浙江省の毛光烈副省長、杭州市の徐文光副市長が会議に出席し、スピーチを行った。工業と情報化部ソフトウェアサービス業司の陳偉司長が会議の進行役を担当した。楊学山氏はまず、杭州市の中国ソフトウェア名城建設を開始して以来のすばらしい実績を高く評価し、中国ソフトウェア名城を建設することは結局手段であり、目的ではないと強調した。その根本的な目的は、ソフトウェアと情報技術サービス業を発展させることにより、モデルの転換とレベルアップ及び構造調整をよりよく支援することにある。国の管理メカニズムと管理能力の現代化、経済構造のモデル転換、融合的な発展などにおけるソフトウェアと情報技術サービス業の重要な作用を十分に働かせなければならない。各種新概念の本質を正しく理解し、クラウドコンピューティング、工業コントロール、モバイルインターネットなどの重点分野でコアとなる技術製品の開発で突破するように努力するべきです。浙江省杭州市がソフトウェア名城建設作業をうまく推進し、地方の経済社会の発展のために貢献すると同時に、全国各地にいい経験をたくさん提供するように期待していると楊氏が語った。
(2014.2.2)
推薦文章