Japan

あなたの位置::中国软件和信息服务业网 > Japan > the Details>

中国商務部、2013年のサービスアウトソーシング業の運営状況報告

2015-07-01 15:16 Author:cssoadmin [ の中で 小さい]
中国商務部は1月16日、定例記者会見を開き、報道官の瀋丹陽さんが2013年の中国商務運営状況を紹介した。商務部サービス貿易司の統計によると、2013年締結したサービスアウトソーシング契約は合計167422部であり、契約金額は前年同期比55.8%増の954.9億ドルであり、実行金額は前年同期比37.1%増の638.5億ドルだった。
そのうち、国際サービスアウトソーシングの契約総額は623.4億ドルで、前年同期に比べ42.2%増えた。実行金額は454.1億ドルで、前年同期に比べ、35%増えた。知的生産活動のアウトソーシング業務の成長が速い。2013年、情報技術アウトソーシングITO、ビジネスプロセスアウトソーシングBPO及び知的生産活動アウトソーシングKPOそれぞれの受注金額は311.7億ドル、97.2億ドルと214.5億ドルであり、前年同期に比べ、ぞれぞれ36.8%、25.8%、60.8%増加した。
アメリカ、EU、中国香港と日本は主要な国際サービスの発注市場である。2013年中国がアメリカ、EU、香港、日本から受けた国際サービスアウトソーシング契約の実行金額はそれぞれ、117.5億ドル、71.4億ドル、54.0億ドル、51.8億ドルであり、実行金額全体の25.9%、15.7%、11.9%、11.4を占めている。
     サービスアウトソーシング産業の従業者数も年々増えている。2013年、中国サービスアウトソーシング業の新規増加従業者数は106.5万人であり、2013年年末時点で、全国のサービスアウトソーシング企業は24818社あり、従業者数は536.1万人に達している。そのうち、大学(専門学校を含む)以上の学歴を持つ人は355.9万人、全体の66.4%を占めている。
(2014.2.2)
推薦文章