Japan

あなたの位置::中国软件和信息服务业网 > Japan > the Details>

中国工業と情報化部運行監測協調局、上半期ソフトウェア経済運行

2015-08-21 14:31 Author:cssoadmin [ の中で 小さい]
   中国工業と情報化部運行監測協調局、上半期ソフトウェア経済運行状況を発表
    2015年上半期、中国ソフトウェアと情報技術サービス業の運行状況は全体的に安定で、ソフトウェア業収入の伸び率は回復し、利益も小幅に上昇した。中西部地域のソフトウェア業が速い成長を保ち、中心都市においても規模を拡大し続けてきた。
    上半期、中国ソフトウェアと情報技術サービス業のソフトウェア業務収入は20217億元であり、前年同期比17.1%の増加である。増加率は1-5月とほぼ同じ。その内、第2四半期のソフトウェア業務収入は11430億元で、第1四半期より30%増えた。上半期、ソフトウェアと情報技術サービス業の利益総額が2193億元に上り、同期比12.6%の増加である。伸び率は前年同期より9.4ポイント下がったが、第1四半期より、3.5ポイント上がった。
    上半期、ソフトウェア業の輸出額は同期比5.7%増の251億ドルであり、増加率は第1四半期より4ポイント下がり、前年同期また業界全体と比べればともに11.4ポイント下回った。従業員給料総額は15.2%上昇し、増加率は第1四半期より2.1ポイント上がるが、前年同期比5.4ポイントの低下である。
推薦文章