Japan

あなたの位置::中国软件和信息服务业网 > Japan > the Details>

上半期中国企業のサービスアウトソーシング、契約ベース金額4.9%

2015-08-21 14:32 Author:cssoadmin [ の中で 小さい]
    上半期中国企業のサービスアウトソーシング、契約ベース金額4.9%増を達成
    中国商務部報道官瀋丹陽の紹介によると、2015年上半期、中国企業のサービスアウトソーシング契約ベースの金額は前年同期比4.9%増の547.9億ドルであり、実行ベースの金額は同期比9.7%増の408億ドルに達した。其のうち、オフショアサービスアウトソーシングの契約ベース金額は342.7億ドルで、同期比2%減少し、実行ベース金額は269.6億ドルで、同期比6.4%の増加である。以下の特徴が見られる。
    第一に、中西部地区のアウトソーシング産業は急速な成長を示している。企業経営コストの急上昇に伴い、人材は徐々に2級、3級都市にUタウンし、サービスアウトサーソング企業もどんどん東沿岸地区から中西部に移転していく。上半期、中国中西部各省の請負ったサービスアウトソーシング業務の金額は契約ベースで65.1億ドルに達し、前年同期比53.2%増えた。其のうち、オフショアサービスアウトソーシングの契約ベース金額は26.9億ドルで、同期比24%増加した。
    第二に、サービスアウトソーシング業の就職規模は安定的に拡大してきた。上半期、中国サービスアウトソーシング業の従業者は48.2万人新規増加し、其のうち、大学(短大を含む)以上学歴の人は32.9万人で、新規従業者の68.2%を占めている。2015年6月末までに、中国サービスアウトソーシング業の従業者数は合計で655.6万人に達し、大学(短大を含む)以上学歴を持つ人は437.6万人で、従業者全体の66.8%を占めている。
    第三に、サービスアウトソーシング業の産業構造がよりよくなっている。上半期、中国企業が受注した情報技術アウトソーシング、業務プロセスアウトソーシング及び知的プロセスアウトソーシングのオフショア業務実行ベース金額はそれぞれ131.1億ドル、38億ドルと100.5億ドルであり、全体での割合はそれぞれ48.6%、14.1%、37.3%である。全体から見れば中国オフショアサービスアウトソーシング業は成長スピードを落としているが、工業設計、工程設計、医薬とバイオ技術研究開発に関する知的プロセスのアウトソーシング業務は依然速い伸びを保ち、動産業の構造最適化を促している。
推薦文章