Japan

あなたの位置::中国软件和信息服务业网 > Japan > the Details>

「インターネット プラス」という新たな企業モデル

2015-08-21 14:25 Author:cssoadmin [ の中で 小さい]
「インターネット プラス」という新たな企業モデルを構築、
UFネットワークとアリババグループ、包括的な戦略的協力協定を締結
    アリババグループと株式会社UFネットワーク技術有限公司(以下「UFネットワーク」と呼ぶ)は7月29日、北京で包括的な戦略的協力協定を締結した。協定には、次のような内容が盛り込まれている:双方は包括的且つ密接な協力関係を結び、資源を統合し、共同でB2B2Cという複合的な企業モデルを構築する。企業が公共クラウドサービスを積極的に利用するように促し、「インターネット+」及び「中国製造2025」の実現に向けて取組んでいく。UFネットワークの代表取締役兼CEOである王文京氏、アリババグループのCEO張勇氏をはじめ、両社の上層部、政府高官、専門家、マスコミメディアなど約200人が調印式に出席し、この中国インターネット業界における歴史的な出来事を経験した。
    UFネットワークの王文京代表取締役兼CEOは次のように語った。「企業とインターネットの結合は今後すべての企業が取組むべき課題です。中国経済のモデル転換を実現するために、企業とインタネットの結合はIT産業が避けて通ることができない重要な道です。アリババグループと資源を共有し、Eコマースとクラウドサービスを企業のマネジメントと経営活動に徹底的に運用させることにより、ブランド効果が生まれ、新たな価値を創出することが期待できる。中国及び世界企業のインターネットプラスのプロセスに貢献すると共に、UF自身の革新イノベーションを加速させなければならない。」
    アリババグループの張勇CEOがこう語った。「今回弊社はUFネットワークと戦略的協力関係を結ぶことができ、大変うれしく思います。データ経済と実体経済が全面的に結合する時代を迎えて、将来ビッグデータは経済発展の新たな原動力に、クラウドはエンジンになり、共に企業をIT時代からDT時代へと推進することになると思います。アリババクラウドとUFネットワークの連携は、双方の強みを十分に生かし、より良い企業モデルの構築を可能にします。今後、より多くの企業と組織にクラウドインフラ施設を提供しながら、データ経済を経済管理のすべてのプロセスに運用させ、最終的にデータを生産力に変えることに力を入れようと思います。」
推薦文章