Japan

あなたの位置::中国软件和信息服务业网 > Japan > the Details>

中創軟件、「一帯一路」戦略に沿ってジャマイカの高

2015-08-21 14:30 Author:cssoadmin [ の中で 小さい]
中創軟件、「一帯一路」戦略に沿ってジャマイカの高速道路市場に進出
    この程、中創軟件はジャマイカ市場への進出を成功させた。同社が山東省、河北省、江西省、四川省、雲南省及び広州市など、国内高速道路のETCネットワーク建設を独立で担当したことがあり、今回はじめての国外高速道路市場への進出が成功し、高速道路建設の先導企業としての実力を充分見せた。ジャマイカへの進出は中創軟件のソリューションが国際先進レベルに達し、国際トップレベルのメーカと競合できる実力を備えたことを意味して、マイルストーンとして大変意義深い出来事である。このプロジェクトにより、ソフトウェア産業が「一帯一路」戦略に従い海外へ進出し、バリューチェーンのトップへと上り、サービス化へモデル転換という戦略が本当の意味で実現された。
    ジャマイカ南北高速道路プロジェクトはとても重要なプロジェクトで、ジャマイカの南北を結ぶ高速道路として、現地の旅行業、物流業、工業など産業の発展のために道を開く。沿岸の旅行資源、鉱産資源、土地資源の開発と利用のために良好な環境を整える。中創ソフトウェアがジャマイカに「クォリティの高い、包括的」なサービスを提供することにより、ジャマイカのインフラ施設の建設に貢献し、現地の経済と社会の発展を促進しようとする。

本页关键词:

上一篇:Huawei、ハイアールと戦略的協力協議を締結 下一篇:没有了

推薦文章